コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフラー症候群 レフラーしょうこうぐんLöffler’s syndrome

世界大百科事典 第2版の解説

レフラーしょうこうぐん【レフラー症候群 Löffler’s syndrome】

胸部X線写真上,肺に一過性の浸潤陰影があり,末梢血の好酸球増加を示し,臨床症状はほとんどみられないか,あっても軽度で,2週間から1ヵ月以内に自然治癒するものをいう。レフレル症候群ともいう。1932年スイスの内科医W.レフラーによって記載されたものであるが,現在ではPIE症候群のなかで単純性肺好酸球増加症として分類されており,アレルギー性機序によって発症すると考えられている。肺胞におけるI型アレルギーによると考えられ,アレルゲンとして寄生虫真菌,細菌,薬剤,花粉などがあげられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android