レフラー症候群(読み)レフラーしょうこうぐん(英語表記)Löffler’s syndrome

世界大百科事典 第2版「レフラー症候群」の解説

レフラーしょうこうぐん【レフラー症候群 Löffler’s syndrome】

胸部X線写真上,一過性の浸潤陰影があり,末梢血の好酸球増加を示し,臨床症状はほとんどみられないか,あっても軽度で,2週間から1ヵ月以内に自然治癒するものをいう。レフレル症候群ともいう。1932年スイスの内科医W.レフラーによって記載されたものであるが,現在ではPIE症候群なかで単純性肺好酸球増加症として分類されており,アレルギー性機序によって発症すると考えられている。肺胞におけるI型アレルギーによると考えられ,アレルゲンとして寄生虫,真菌,細菌薬剤花粉などがあげられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android