コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフラー症候群 レフラーしょうこうぐん Löffler’s syndrome

1件 の用語解説(レフラー症候群の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レフラーしょうこうぐん【レフラー症候群 Löffler’s syndrome】

胸部X線写真上,肺に一過性の浸潤陰影があり,末梢血の好酸球増加を示し,臨床症状はほとんどみられないか,あっても軽度で,2週間から1ヵ月以内に自然治癒するものをいう。レフレル症候群ともいう。1932年スイスの内科医W.レフラーによって記載されたものであるが,現在ではPIE症候群のなかで単純性肺好酸球増加症として分類されており,アレルギー性機序によって発症すると考えられている。肺胞におけるI型アレルギーによると考えられ,アレルゲンとして寄生虫,真菌,細菌,薬剤,花粉などがあげられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レフラー症候群の関連キーワードX脚X線写真紫外線写真塵肺一過性早期浸潤肺浸潤思春期前女性化乳房放射線肺炎慢性ベリリウム肺

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone