コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーデブライト ledeburite

世界大百科事典 第2版の解説

レーデブライト【ledeburite】

ケイ素の量がやや少ない鋳鉄を溶融状態から比較的速い速度で冷却していくと,〈液相―→オーステナイト+セメンタイト(Fe3C)〉の共晶反応が起こる。このとき得られる組織をレーデブライトという。液相から直接共晶反応が起こる組成を共晶組成というが,共晶組成より鉄側の組成(亜共晶組成)をもつ鋳鉄では冷却中まずオーステナイト(初晶オーステナイト)が生じ,その後に共晶反応が起こる。さらに冷却すると初晶オーステナイトおよびレーデブライト共晶中のオーステナイトはセメンタイトを析出しながら共析温度に達し,パーライトを生成する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android