コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーデラー レーデラーLederer, Emil

4件 の用語解説(レーデラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーデラー
レーデラー
Lederer, Emil

[生]1882.7.2. ピルゼン
[没]1939.5.29. ニューヨーク
ドイツの経済学者。ウィーン大学卒業後,ベルリン大学に学ぶ。第1次世界大戦前,M.ウェーバー,W.ゾンバルトなどと『社会科学ならびに社会政策紀要』 Archiv für Sozialwissenschaft und Sozialpolitikの編集に従事,その後ハイデルベルク大学教授を経て,1923~25年東京帝国大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

レーデラー Lederer, Emil

1882-1939 ドイツの経済学者。
1882年7月22日ボヘミア生まれ。ハイデルベルク大教授をへて大正12年(1923)東京帝大の招きで来日し,経済学部で2年間おしえる。帰国後ベルリン大教授となったが,ナチスに追われアメリカに亡命した。1939年5月29日死去。56歳。ウィーン大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

レーデラー

没年:1939.5.29(1939.5.29)
生年:1882.7.22
東京帝大経済学部で「経済学」を担当した外国人教師。ドイツ人。在任期間は大正12(1923)年度と13年度。大正13年度は社会学も講じる。理論的にはマルクス経済学に立脚しつつ,限界効用学説にも接近した。政治と経済の関連を視野にいれた幅広い学風で知られ,また有沢広巳,大森義太郎,高橋正雄らに大きな影響を与えた。ドイツ帰国後の著書に《Japan‐Europa》《Japan in transition》などの日本論がある。その後は社会民主党の理論的指導者として活躍した。<参考文献>玉野井芳郎『日本の経済学』,『東京大学百年史 部局史1』

(藤井隆至)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レーデラー
れーでらー
Emil Lederer
(1882―1939)

ドイツの経済学者。ウィーン大学、ベルリン大学に学び、1910年以降、マックス・ウェーバーやW・ゾンバルトとともに『社会科学および社会政策紀要』の編集に従事し、20年にはハイデルベルク大学教授となった。23~25年(大正12~14)には来日して東京帝国大学で教壇に立ち、帰国後はベルリン大学教授になったが、ナチス政権樹立後はアメリカに亡命し、ニューヨーク政治学社会学学院に勤め、アメリカで没した。彼はベーム・バベルクなどオーストリア学派の影響を受けながら、古典派経済学やマルクス経済学にも造詣(ぞうけい)が深く、景気変動理論では、経済構造の変化を軸に景気変動を説明する構造変動説を展開した。そのほかには技術進歩と失業に関する研究もあるが、彼はまた新カント派の哲学や社会学にも深い理解を示し、ことに大衆社会の研究には優れたものがあった。主要な著作としては『景気変動と恐慌』(1925)、『理論経済学概要』(1931)、『技術進歩と失業』(1931)などがある。[志田 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レーデラーの関連キーワード早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージプルーインプレグランホイットニー車会党

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レーデラーの関連情報