コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーヌアール レーヌアールRaynouard, François-Juste-Marie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーヌアール
Raynouard, François-Juste-Marie

[生]1761.9.18. ブリニョル
[没]1836.10.27. パッシー
フランスの劇作家,言語・文学研究者。『聖堂騎士団』 Les Templiers (1805) で大成功を収めたが,『ブロアの三部会,またはギーズ公の暗殺』 Les États de Blois,ou la mort du duc de Guise (10) はナポレオンの忌諱に触れ,上演を禁じられた。のちプロバンス語トルバドゥールの研究を始め,『ロマン語辞典』 Lexique roman (6巻,39~44) などを残した。アカデミー・フランセーズ会員 (07) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レーヌアール【François Raynouard】

1761‐1836
フランスの劇作家,学者。南フランス,ブリニョルに生まれる。弁護士となったが,1791年立法議会議員に選出され,ジロンド党の主張に同調してバスティーユに収監された。獄中で書いた悲劇《ウティカカトー》(1794)で成功を収め,1803年アカデミー・フランセーズの懸賞詩に応募し《アグラウル神殿のソクラテス》で1位入賞。05年コメディ・フランセーズで上演された《テンプル騎士団》はコルネイユ以来の傑作といわれ,刊行されると6000部売れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レーヌアールの関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ北尾派叙勲日本酒の消費量猪飼敬所いろは新助蔡温杉浦乗意三国節