ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

デジタル大辞泉プラスの解説

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

オランダのアムステルダムを拠点とするオーケストラ。1888年に設立されたアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団を前身とし、1988年に創立100周年を迎えて現名称になった。主な指揮者はウィレム・メンゲルベルク、オイゲン・ヨッフム、ベルナルド・ハイティンク、リッカルド・シャイーなど。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ろいやるこんせるとへぼうかんげんがくだん
Koninklijk Concertgebouworkestオランダ語
Royal Concertgebouw Orchestra英語

オランダを代表する世界的オーケストラ。創立は1888年11月(最初のコンサート)。「コンセルトヘボウ」はオランダ語で「演奏会場」を意味する。1988年の創立100周年にベアトリックス女王から「王立(ロイヤル)」の称号を受け、それまでのアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団より改称した。常任指揮者は、初代のウィレム・ケスWillem Kes(1854―1934)をはじめ、いずれもオランダの音楽家が務めたが、88年に初めてのオランダ人以外の指揮者リッカルド・シャイーを迎えた。
 この楽団を世界的レベルに引き上げたのは2代目のウィレム・メンゲルベルクである。彼は1895年、24歳で常任指揮者となり、ナチス協力のかどで1945年に追放されるまでの実に50年間にわたって楽団を鍛え上げた。3代目はエドゥアルト・ファン・ベイヌム(1945~59)で、その没後ベルナルト・ハイティンクが4代目に就任(1961~88、64年まではドイツのベテラン、オイゲン・ヨッフムと共同常任)、88年からは5代目シャイーが就任した。初来日は1962年(昭和37)。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の関連情報