コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

2件 の用語解説(ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

オランダのアムステルダムを拠点とするオーケストラ。1888年に設立されたアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団を前身とし、1988年に創立100周年を迎えて現名称になった。主な指揮者はウィレム・メンゲルベルク、オイゲン・ヨッフム、ベルナルド・ハイティンク、リッカルド・シャイーなど。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ろいやるこんせるとへぼうかんげんがくだん
Koninklijk Concertgebouworkestオランダ語
Royal Concertgebouw Orchestra英語

オランダを代表する世界的オーケストラ。創立は1888年11月(最初のコンサート)。「コンセルトヘボウ」はオランダ語で「演奏会場」を意味する。1988年の創立100周年にベアトリックス女王から「王立(ロイヤル)」の称号を受け、それまでのアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団より改称した。常任指揮者は、初代のウィレム・ケスWillem Kes(1854―1934)をはじめ、いずれもオランダ音楽家が務めたが、88年に初めてのオランダ人以外の指揮者リッカルド・シャイーを迎えた。
 この楽団を世界的レベルに引き上げたのは2代目のウィレム・メンゲルベルクである。彼は1895年、24歳で常任指揮者となり、ナチス協力のかどで1945年に追放されるまでの実に50年間にわたって楽団を鍛え上げた。3代目はエドゥアルト・ファン・ベイヌム(1945~59)で、その没後ベルナルト・ハイティンクが4代目に就任(1961~88、64年まではドイツのベテラン、オイゲン・ヨッフムと共同常任)、88年からは5代目シャイーが就任した。初来日は1962年(昭和37)。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の関連キーワードアムステルダムニューアムステルダムアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団アムステルダム・バロック管弦楽団アムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団アムステルダムマラソンオランダ室内管弦楽団オランダ・フィルハーモニー管弦楽団オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の関連情報