コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロケーションフリー ろけーしょんふりー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ロケーションフリー

ソニーが発売している、家の中でワイヤレスでテレビを見たり、外出先からインターネット経由でテレビを見られる機器。テレビアンテナを接続したベースステーションに無線LANまたはインターネット経由でアクセスし、PSPまたはパソコンの専用ソフトを使って視聴できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロケーションフリー
ろけーしょんふりー
Location free

いつでもどこでも自宅同様のテレビ映像が楽しめるようにと、ソニーが開発したインターネット利用の視聴(AV)システム。自宅で受信したテレビやDVDなどに録画した映像を、屋内では無線LAN、外出先や国外ではブロードバンドに接続できればインターネットを経由して、パソコンや携帯端末などにリモコン操作で転送させることにより、場所と時間を問わずテレビ映像が視聴できる。システムの原型はソニーが2000年に「エアボード」として発表したが、改良されてラインアップが拡充されるとともにソニーの登録商標である「ロケーションフリー」(通称「ロケフリ」)に改名されて販売されている。
 ロケーションフリーシステムは、自宅内の比較的小型のベースステーションの受像側に受信アンテナやAV機器、送信側にインターネットの回線と外部端末とを接続して構成される。ベースステーションから転送された信号は外部端末またはインターネットに接続された特定の受像機で受像する。リクエストは受像機の画面上のソフトウェアリモコン(仮想リモコン・パッド)で、家庭内にあるAV機器の受光部近くに設置した「AVマウス」の赤外線を操作して行う。
 受像機には専用のロケーションフリーテレビ(液晶)があるが、Windowsパソコン、携帯ゲーム機プレイステーション・ポータブル(PSP:2004年ソニー・コンピュータエンタテインメント発売)でも受像でき、さらに、Macパソコン、携帯情報端末でも利用できるよう展開を図っている。
 似た製品にはアメリカのSlingboxがあるが、北米、イギリス、台湾のみの販売で、日本では販売されていない。[岩田倫典]
『デジタル放送研究会著『図解 デジタル放送の技術とサービス』(2006・技術評論社) ▽柴田格・平沢寿康著『ロケフリの本――ソニーロケーションフリーベースステーション徹底活用』(2007・技術評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロケーションフリーの関連キーワードPMP(パーソナル・メディア・プレーヤー)受像機

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android