コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロックーン

百科事典マイペディアの解説

ロックーン

観測用ロケット気球高空(ふつう高度2万m程度まで)にもち上げ,そこから自動的に発射させ高度数万mの高層大気の観測を行う方式。rockoonはロケットrocketと気球baloonを組み合わせた語。日本では1956年―1961年に東大生産技術研究所で19回の打上げが行われ,高高度観測が行われた。現在では行われていない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロックーン【rockoon】

気球とロケットとを一体として高層観測を行うシステム。ロケットrocketと気球balloonの合成語。大型の気球に小型の観測ロケットを吊り下げて上空に運び,最高到達高度に達したときロケットを発射して目的の観測を行う。ロケットの飛行に高い抵抗となる下層大気の中を気球で運び上げるため,ロケットの性能があまりよくなくても高層まで測定器を運び上げることができるが,ロケットの性能向上により実用的価値はなくなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる