ロバート ローゼンソール(英語表記)Robert Rosenthal

20世紀西洋人名事典の解説

ロバート ローゼンソール
Robert Rosenthal


1933 -
米国の心理学者。
元・ハーバード大学教授。
1956年カルフォルニア大学で臨床心理の学位を取得。’57〜62年ノース・ダゴタ大学を経て、ハーバード大学に移り臨床心理学の講師を務める。対人行動及びコミュニケーションが研究領域で、特に日常生活においても観察される実験者効果に関する一連の研究が有名。生徒の学習成績が教師の抱く期待に影響を及ぼすというピグマリオン効果を共同研究で明らかにしたことで知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android