ロバート・ラナルフ マレット(英語表記)Robert Ranulf Marett

20世紀西洋人名事典の解説


1866.6.31 - 1943.2.18
英国の人類学者。
元・オックスフォード大学教授,元・オックスフォード大学エクゼター・カレッジ学長。
ジャージ島生まれ。
ベイリオル・コレッジ、イナー・テンプル法学院で学び、J.G.フレーザーなどとともに英国比較人類学派を代表する。未開民族宗教呪術について、マナ観念に立ってプレアニミズム的段階の存在を主張。未開人はある人物、事物そのものを非人格的な威力活力として情意的に反応し、驚異、恐怖等を含む畏敬の態度を取る。聖と俗を区別し、驚異的世界を日常的世界から切り放すものは感情で、感情を引き起こさせるものは全て宗教であるとした。1909年オックスフォードに人類学協会を設立。著書に「宗教の発端」(’09年)、「人類学」(’12年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1866年6月13日
イギリスの哲学者,人類学者
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android