コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロヒョー Friedrich Eberhard von Rochow

1件 の用語解説(ロヒョーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロヒョー【Friedrich Eberhard von Rochow】

1734‐1805ドイツの教育家。正しくはロホーと発音する。ベルリン生まれる。プロイセンの貴族として重農主義の立場から所領の農業改革を企て,その関連から農民の啓蒙の必要性を痛感し,農民の子どもの教育に専念した。汎愛派の始祖J.B.バゼドーと親交があり,その教育事業を資金的に援助したが,1773年から79年にかけてみずからも領地内に三つの農民学校を設立し,なんら手本とすべきもののないなかで教師用教科書と児童用初等国語読本を作成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロヒョーの関連キーワードオルフザルツマン西ドイツフレーベル五つの教え教育家キンダーガーテン統一ドイツドイツ放送連盟ドイツの小さな町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone