ロビケ(読み)ろびけ(英語表記)Pierre-Jean Robiquet

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロビケ
ろびけ
Pierre-Jean Robiquet
(1780―1840)

フランスの化学者、薬学者。薬局での見習いののち、フールクロアのもとで実験助手となった。1811年に理工科大学校(エコール・ポリテクニク)の復習教官、ついで薬学学校の教授となった。ボークランと共同でアスパラギンをみいだし(1806)、またカフェインの発見者の一人であり(1821)、アヘン中のナルコチン(1817)やコデイン(1832)をはじめ多くのアルカロイドを発見した。他の化学者と共同でアリザリンの分離やアミグダリンの発見も行っている。1833年から科学アカデミー会員となった。[吉田 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ロビケ

生年月日:1780年1月13日
フランスの化学者
1840年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android