コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボークラン Vauquelin, Nicolas-Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボークラン
Vauquelin, Nicolas-Louis

[生]1763.5.16. サンアンドレデベルト
[没]1829.11.14. サンアンドレデベルト
フランスの化学者。農家の生れ。 14歳で薬屋に奉公し,そこで F.フールクロアに見出され,その助手となる (1783~91) 。パリのエコール・ポリテクニク教授 (95) ,コレージュ・ド・フランス教授 (1801) 。のちフールクロアの後継者としてパリ医学校の化学教授 (09) 。 1797年のクロムの発見に続いてベリリウムを発見し,またキナ酸の発見,アスパラギン,ショウノウ酸の発見でも知られる。下院議員に選出された (27) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボークラン【Nicolas Louis Vauquelin】

1763‐1829
フランスの分析化学者。ノルマンディー地方の農家に生まれ,ルーアンの薬局で徒弟奉公ののち,パリに出てフルクロアA.F.Fourcroy(1755‐1809)の助手となり,以後多くの研究を共同で行った。鉱山監督官や,鉱山大学,自然史博物館などの教授を歴任し,1811年フルクロアの後任として医科大学の化学教授となった。1797年シベリア産の紅鉛鉱からクロムを発見し,翌年その単離に成功。また同年緑柱石からベリリウムを発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボークラン
ぼーくらん
Nicolas Louis Vauquelin
(1763―1829)

フランスの分析化学者。ルーアンの薬局で徒弟奉公ののち、パリに出てフールクロアに認められ、助手となった。鉱山大学、自然史博物館などの化学教授を歴任、1811年フールクロアの後任として医科大学教授に就任した。実験家として優れ、1797年シベリア産の紅鉛鉱からクロムを発見、翌1798年その単離に成功。また同年緑柱石からベリリウムを発見した(単離は1828年ウェーラーとビュシーAntoine A. B. Bussy(1794―1882)による)。有機物では、アスパラギンの発見(1805)、リンゴ酸やキニン酸の研究、骨や脳、血液の分析などがある。[内田正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のボークランの言及

【クロム】より

…周期表元素記号=Cr 原子番号=24原子量=51.9961±6地殻中の存在度=100ppm(20位)安定核種存在比 50Cr=4.31%,52Cr=83.76%,53Cr=9.55%,54Cr=2.38%融点=1890℃ 沸点=2482℃比重=7.188(20℃)電子配置=[Ar]3d54s1おもな酸化数=II,III,IV,VI周期表第VIA族に属する元素の一つ。1797年フランスのN.L.ボークランがシベリア産紅鉛鉱(主成分PbCrO4)中から発見し,その化合物の美しい色からギリシア語のchrōma(色)にちなんで命名した。1854年ドイツのR.W.ブンゼンは塩化クロム(II)CrCl2水溶液の電解ではじめて少量の金属単体を分離し,99年ドイツのゴルトシュミットHans Goldschmidtがテルミット法によって比較的純粋な金属クロムを得ることに成功した。…

※「ボークラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボークランの関連キーワードボークラン石(データノート)元素発見史(年表)シュトロマイヤークロム・イエローボークラン石シュブルールヴォクランコレージュアミノ酸テナールロビケ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android