コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミグダリン amygdalin

翻訳|amygdalin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミグダリン
amygdalin

アンズやモモの成熟種子や,苦扁桃 (ビターアーモンドともいう) に含まれる化合物。無色結晶,融点 214~216℃。シアン配糖体の一種で,酵素エムルシンまたは塩酸の作用で加水分解を受け,ベンズアルデヒドグルコースシアン化水素 (猛毒) を生じるので危険である。苦みが強い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

アミグダリン

 C20H27NO11 (mw457.43).アミグダロシドともいう.アーモンドやアンズに含まれるグリコシドで,エムルシン(酵素)によって加水分解されてグルコースとシアン化水素とベンズアルデヒドになり有害.以前ビタミンB17といわれたことがある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アミグダリン【amygdalin】

杏仁・アーモンドなどに含まれる配糖体。分解して有毒の青酸塩を生ずる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アミグダリン
あみぐだりん
amygdalin

アルデヒド誘導体の一つで、ベンズアルデヒドシアンヒドリン配糖体として植物界に広く分布している。
 イラン、シリアが原産であり、北アフリカ、南フランス、北米カリフォルニア地方で栽培されているクヘントウジュ(苦扁桃樹)の成熟した果実中にみいだされる。この物質は酵素エムルジンによって加水分解されて、2モルのブドウ糖と1モルの右旋性ベンズアルデヒドシアンヒドリンとなり、後者はさらにベンズアルデヒドとシアン化水素(青酸)とに分解する。ベンズアルデヒドはクヘントウ油、カシア油などの精油の主成分である。[佐藤菊正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアミグダリンの言及

【アンズ(杏)】より

…果実は生食のほか,乾果,シロップ漬,ジャム,果実酒の原料などに利用される。種子は杏仁(きようにん)といい,咳止めや喘息の漢方薬とされるが,青酸配糖体(アミグダリンamygdalin)を含むので専門家の指導によって服用する。杏仁からとった杏仁油は軟膏や毛髪油などに用いられる。…

【ウメ(梅)】より

…それらのうち,小さな実を多数つけることで有名な小梅は早生でシナノウメともよばれ,中部地方に多い。ウメの実は未熟のものにはアミグダリンamygdalinを含み,生食すると有毒であるが,梅干し,煮梅,砂糖漬,梅酒などに多く利用されている。また烏梅(うばい)は,未熟果を煙でいぶしたあと天日で乾燥したもので,漢方薬として利用されるし,梅肉エキスも民間薬とされる。…

※「アミグダリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アミグダリンの関連キーワードアミグダリン(データノート)その他の自然毒による食中毒クヘントウ(苦扁桃)アーモンド(扁桃)ゲンチオビオースアミグダロシドビタミンB17グルコシダーゼウメ(梅)ビタミンBアルデヒド青酸化合物マンデル酸苦扁桃油リービヒアンズ青酸塩ロビケウメビワ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android