コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスパラギン アスパラギン asparagine

翻訳|asparagine

6件 の用語解説(アスパラギンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスパラギン
アスパラギン
asparagine

アミノ酸の一種。アスパラギン酸アミド。化学式 NH2COCH2CH(NH2)COOH,略号は Asn。天然の L-アスパラギンは無色斜方晶,融点 234~235℃。水に可溶。アスパラガス中に発見され,野菜,豆類などに広く分布し,不快味を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アスパラギン(asparagine)

アミノ酸の一。最初アスパラガスから発見された。植物界に広く存在し、特に発芽したマメ類やジャガイモには遊離した形で多量に存在する。加水分解によりアスパラギン酸を生じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アスパラギン

 C4H8N2O3 (mw132.12).

 アスパラギン酸のβ位のカルボキシル基酸アミドとなったアミノ酸可欠アミノ酸

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

アスパラギン【asparagine】

アミノ酸の一種で、非必須アミノ酸。植物界に広く存在し、特に発芽した豆類やてんさい、じゃがいもに多く含まれる。加水分解によってアスパラギンを生じ、アスパラギン酸の誘導体として活躍するほか、肝保護作用、運動持久力の向上作用、新陳代謝の向上、スタミナ増強作用などの作用をもつ。◇アスパラガスからはじめて単離されたことによる命名。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アスパラギン【Asparagin】

タンパク質を構成するアミノ酸の一。最初に単離されたアミノ酸で、アスパラガスから発見された。植物体、特にジャガイモ・発芽したマメ類などに多く含まれる。生体内でアスパラギン酸とアンモニアから生合成され、タンパク質の分解で生じるアンモニアの貯蔵体の役割を果たす。アスパラギン酸- β -アミド。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスパラギン
あすぱらぎん
asparagine

α(アルファ)-アミノ酸の一つで、アスパラギン酸のβ(ベータ)-アミド。略号はAsnまたはN。人間にとっては非必須(ひひっす)アミノ酸。ロビケらがアスパラガスから発見、命名した。遊離した状態ではL-アスパラギンがD-アスパラギンよりも広く存在し、1水塩として存在する。シロバナルピナスの豆やダイズ、カラスノエンドウの芽などに存在する。L-アスパラギンはタンパク質の構成成分としても存在する。アスパラギンとN-アセチル-D-グルコサミンの間のN-グリコシド結合は、糖鎖(グルコースやガラクトースなどの糖が鎖状に連なった物質)がタンパク質に結合する一つの様式である(グルコサミンは、グルコースのヒドロキシ基の一つがアミノ基に置換したもので、甲殻類の殻(から)のキチンなどに存在する)。生体内では、アスパラギン酸、アンモニア、ATP(アデノシン三リン酸)より、アスパラギンシンテターゼ(アスパラギン合成酵素)の触媒で生成される。分子量132.12。分解点236℃。酸、アルカリに溶けやすく、水にも溶け、アルコールには溶けない。[降旗千恵]
『三浦謹一郎編『プロテインエンジニアリング』(1990・東京化学同人) ▽森正敬著『生体の窒素の旅』(1991・共立出版) ▽マックス・ペルツ著、林利彦・今村保忠訳『生命の第二の秘密――タンパク質の協同現象とアロステリック制御の分子機構』(1991・マグロウヒル出版) ▽Fred Brouns著、樋口満監訳『スポーツ栄養の科学的基礎』(1997・杏林書院) ▽近藤和雄・渡邉早苗著『専門医がやさしく教える注目の栄養素――健康づくりに欠かせない40の栄養成分と症状別摂取法』(1998・PHP研究所) ▽松尾収二監修、前川芳明編『臨床検査ディクショナリー』(1998・メディカ出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスパラギンの関連キーワード色素蛋白質タンパン糖蛋白質アポタンパク質色素タンパク質単純タンパク質タンパク質欠乏タンパク尿乳タンパク質複合タンパク質

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスパラギンの関連情報