コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマヌス1世 ロマヌスいっせいRomanus I Lacapenus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマヌス1世
ロマヌスいっせい
Romanus I Lacapenus

[生]870頃
[没]948.6.15. プロテ島
ビザンチン皇帝 (在位 920~944) 。一水兵から海軍司令官に昇進し,娘のヘレナをコンスタンチヌス7世の皇妃とし,皇父 Basileopatorの称号を得 (915) ,のちには娘婿と代って正帝として即位。巧妙な政治家で,過激な政策を嫌った。内政的には中小農民の保護を目指し,農地売買の規制のため2度勅令を出したりしたが,実効は薄かった。対外的にはブルガリアシメオン王に苦しめられたが,その死後は和平条約を締結し (927) ,バルカン半島におけるビザンチンの影響力を増強。小アジアにヨハンネス・クルクアス将軍を派遣,メリテーヌ,エデッサなどの重要都市をイスラム勢力より奪還した (943) 。 944年息子ステファヌスコンスタンチヌスの陰謀により捕えられ,同年 12月プロテ島に流され,その地で修道士として生涯を終えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロマヌス1世の関連キーワードプリシラ彩華メルセン条約スワトプルクメルセン条約斎藤佑樹楽所源頼光ガリープダムアルゴン斎宮女御