コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘレナ ヘレナ Helena

翻訳|Helena

5件 の用語解説(ヘレナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘレナ
ヘレナ
Helena

[生]248頃
[没]328頃
コンスタンチウス・クロルスの妃。コンスタンチヌス大帝の母。聖女。熱心なキリスト信者で晩年エルサレムに巡礼し,ゴルゴタに聖堂を建て,キリストが磔刑にあった十字架を発見したと伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘレナ
ヘレナ
Helena

アメリカ合衆国,アーカンソー州東部の町。 1800年ミシシッピ河岸に,はしけ用の倉庫ができたことに始り,11年蒸気船『ニューオーリンズ』号の入港後河港都市として繁栄。南北戦争時は北軍の補給基地

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヘレナ
ヘレナ
Helena

アメリカ合衆国,モンタナ州の州都。ミズーリ川上流域の,大陸分水界の東麓にある。この地方は 1805年にルイスクラークの探検隊が初めて通過している。 64年に金鉱が発見され,同年に町ができた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヘレナ【Helena】

アメリカ合衆国モンタナ州中西部にある同州の州都。人口2万5000(1990)。ロッキー山脈中,ミズーリ川に近いプリックリー・ペア・バレーに位置し,標高1252m。大陸分水界が西方3.6kmにある。肥沃な農牧業地帯,鉱山地帯にあり,政治,商業,交通の中心地で,観光基地としても知られる。地震が多く,1935年の大地震では死者も出た。1864年に金が発見され,70年までにはモンタナ準州で最も重要な都市となり,銀その他の鉱物の開発が進んだが,1890年代前半にはブームも終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヘレナ
へれな
Helena

アメリカ合衆国、モンタナ州中西部、ビッグベルト山脈中の都市で、同州の州都。人口2万5780(2000)。金、銀、鉛などの豊かな鉱物資源と牧畜地帯の中にあり、交通の要地である。また、商業の中心地としても重要で、機械、コンクリート、薬品など各種工業の発達も見逃せない。1864年、現在のメーンストリートの場所に金が発見されて町が開かれ、81年より市制が施行された。1875年に準州の州都となり、89年にモンタナが州に昇格してからも、引き続き州都の地位を確保した。市内には、ドイツケルン大聖堂を模したセントヘレナ聖堂をはじめ、セント・ジョーンズ教会、州議事堂など興味深い建造物も多く、近郊のヘレナ国有林が市民のかっこうのレクリエーション地として親しまれている。同市の西にロッキー山脈分水界が走る。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘレナの関連キーワードアングロアメリカビリングズモンタナアメリカンオクラホマ合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所

ヘレナの関連情報