コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンスタンチヌス コンスタンチヌス Constantinus, Flavius Claudius

3件 の用語解説(コンスタンチヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンスタンチヌス
コンスタンチヌス
Constantinus, Flavius Claudius

[生]?
[没]411.9. アレラテ
西ローマ皇帝僭称者 (407~411) 。 407年ブリタニアのブリテン人軍隊に推され大陸に侵入,東ガリアを占領。一時ローマの将軍サルスに敗れ捕えられたが,のち南フランスアルルで再起。ヒスパニアにいる西ローマ軍隊も彼に合流。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コンスタンチヌス
コンスタンチヌス
Constantinus

[生]?. シリア
[没]715.4.9. ローマ
シリア出身の第88代教皇(在位 708~715)。不服従の態度を示すラベンナ大司教フェリクスに対し,ローマの至上性を堅持した。巡礼をしていたマーシア王国の国王チェンレッドを迎え入れ,王はのちにローマで修道士となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コンスタンチヌス【Constantinus】

(一世)(280頃~337) 古代ローマ皇帝(306~337)。大帝。宗教寛容政策をとりミラノの勅令を発しキリスト教を公認、ニカイア公会議を開きキリストの人性と神性をめぐる教義論争を調停。首都をローマからビザンチウムに移し、身分制の強化、軍制の改革など専制確立に努め、帝国再建を図った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンスタンチヌスの関連キーワード一世一元一世一期一世一度一世を風靡する一世の源氏親子は一世シュレーマン一世スレイマン一世一世代家族経営ディオニシオス一世

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone