コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシリウス1世 バシリウスいっせいBasilius I

1件 の用語解説(バシリウス1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシリウス1世
バシリウスいっせい
Basilius I

[生]827
[没]886.8.29.
ビザンチン皇帝 (在位 867~886) 。アドリアノープル近郷の農民の出ながら中央に進出,皇帝ミカエル3世に認められ昇進。 867年9月同3世を暗殺し,代って即位,マケドニア朝を創始。首都で第8回公会議を開き (869~870) ,ローマ教会との和解をはかり,総主教フォチオスを追放。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バシリウス1世の関連キーワードみなす紙パルプ工業讃岐国府神舞神舞(かんまい)大阪福祥寺大阪[府]鈴鹿峠仁和寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone