コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バシリウス1世 バシリウスいっせいBasilius I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バシリウス1世
バシリウスいっせい
Basilius I

[生]827
[没]886.8.29.
ビザンチン皇帝 (在位 867~886) 。アドリアノープル近郷の農民の出ながら中央に進出,皇帝ミカエル3世に認められ昇進。 867年9月同3世を暗殺し,代って即位,マケドニア朝を創始。首都で第8回公会議を開き (869~870) ,ローマ教会との和解をはかり,総主教フォチオスを追放。対外的には小アジア東部に進出 (872テフリケ占領) ,878年シラクサは失ったものの,南イタリアではイスラムの侵入を防いだ。『ユスチニアヌス法典』 (→勅法彙纂 ) の改編を企画し,民法と公法の分野での実務処理のための便覧を 40章にまとめた『プロケイロン』 ho procheiros nomosを編纂 (870~879) ,のちにはその改編『エパナゴゲ』 Epanagōgē tōn nomōnをまとめるなど,法制史上一大業績を残した。狩猟の途中事故にあい死亡。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

バシリウス1世の関連キーワードコンスタンチヌス7世パウリキアヌス派アレクサンデルバシリカ法典イグナチウスレオ6世

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android