コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマヌス2世 ロマヌスにせいRomanus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマヌス2世
ロマヌスにせい
Romanus II

[生]938
[没]963.3.15.
ビザンチン皇帝 (在位 959~963) 。コンスタンチヌス7世の子。父の死後即位。政治的能力に乏しく,実務は宦官で大臣のブリンガスに,軍事上の実務は将軍ニケフォルス・フォーカス (のちのニケフォルス2世) にまかせた。その短い治世の最大の業績はニケフォルスをクレタ遠征に送り,クレタをイスラム勢力から奪還 (961) させたことと,さらに小アジアに遠征を試み,アレッポの町などを占領 (962) したことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロマヌス2世の関連キーワードホシオス・ルカス修道院聖堂コンスタンチヌス8世コンスタンチヌスバシリウス2世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android