コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマヌス2世 ロマヌスにせいRomanus II

1件 の用語解説(ロマヌス2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマヌス2世
ロマヌスにせい
Romanus II

[生]938
[没]963.3.15.
ビザンチン皇帝 (在位 959~963) 。コンスタンチヌス7世の子。父の死後即位。政治的能力に乏しく,実務は宦官で大臣のブリンガスに,軍事上の実務は将軍ニケフォルス・フォーカス (のちのニケフォルス2世) にまかせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロマヌス2世の関連キーワード呉朝丁朝空也天慶構造改革特別区構造改革特区大鳥池荊南認証保育所六波羅蜜寺

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone