コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンスエン Long Xuyen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンスエン
Long Xuyen

ベトナム南部,アンジャン省省都ホーチミン市西南西約 150km,メコン川分流ハウジャン (バサック) 川の右岸に位置する。メコン川デルタの浮稲栽培地帯の中心にあり,米の集散地として知られる。カントー方面からカンボジアタケオへ通じる道路が通る。人口 21万 7171 (1989) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロン‐スエン(Long Xuyen)

ベトナム南部、アンジャン省の都市。同省の省都。ホーチミンの西南西約150キロメートル、メコン川の分流の一つであるハウザン川沿いに位置する。メコンデルタの都市の一つで、米の集散地となっている。南西郊オケオに、2世紀から7世紀にかけて栄えた扶南の遺跡がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ロンスエンの関連キーワードトン・ドゥク・タントン・ドク・タンチャウドクラチジャー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android