コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンスエン(英語表記)Long Xuyen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンスエン
Long Xuyen

ベトナム南部,アンジャン省省都ホーチミン市西南西約 150km,メコン川分流ハウジャン (バサック) 川の右岸に位置する。メコン川デルタの浮稲栽培地帯の中心にあり,米の集散地として知られる。カントー方面からカンボジアタケオへ通じる道路が通る。人口 21万 7171 (1989) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロン‐スエン(Long Xuyen)

ベトナム南部、アンジャン省の都市。同省の省都。ホーチミンの西南西約150キロメートル、メコン川の分流の一つであるハウザン川沿いに位置する。メコンデルタの都市の一つで、米の集散地となっている。南西郊オケオに、2世紀から7世紀にかけて栄えた扶南の遺跡がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android