コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローカナンダーパゴダ ローカナンダーパゴダ Lawkananda Pagoda

2件 の用語解説(ローカナンダーパゴダの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ローカナンダーパゴダ【ローカナンダーパゴダ】
Lawkananda Pagoda

ミャンマー中央部、仏教遺跡の町バガン(Bagan)の遺跡群南、エーヤワディー川イラワジ川)沿いにあるローカナンダー公園の再奥部にあるパゴダ(仏塔)。11世紀にビルマ族による最初の統一国家を打ち立てたバガン王朝の始祖アノーヤター王が建立した寺院で、仏陀の遺歯が祀られている。ヤンゴンやヤカインからエーヤワディー川を舟で北上しバガンに近づいてくると最初に見えてくるパゴダで、黄金色に輝く釣鐘型のパゴダはバガンのランドマーク的な存在になってきた。かつてのバガンには、エーヤワディー川をさかのぼってスリランカの交易船が訪れていた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ローカナンダー‐パゴダ(Lawkananda Pagoda)

ミャンマー中部の都市遺跡バガンの南郊のニューバガンにある仏塔。イラワジ川沿いのローカナンダー公園内に位置する。11世紀半ば、パガン朝を創始した初代王アノーラータにより、スリランカからもたらされたという釈迦(しゃか)の聖歯を納めるために建立。金箔に覆われ、先端部が尖った釣鐘型の外観をもち、かつて河川交通の目印となった。ローカナンダーパヤー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローカナンダーパゴダの関連キーワードパガンミャンマーミャンマーとビルマミャンマーのサイクロン被害ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族アラカン[州]シン・アラハンミャゼーディ碑文

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone