コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローカナンダーパゴダ(英語表記)Lawkananda Pagoda

世界の観光地名がわかる事典の解説

ローカナンダーパゴダ【ローカナンダーパゴダ】
Lawkananda Pagoda

ミャンマー中央部、仏教遺跡の町バガン(Bagan)の遺跡群南、エーヤワディー川イラワジ川)沿いにあるローカナンダー公園の再奥部にあるパゴダ(仏塔)。11世紀にビルマ族による最初の統一国家を打ち立てたバガン王朝の始祖アノーヤター王が建立した寺院で、仏陀の遺歯が祀られている。ヤンゴンやヤカインからエーヤワディー川を舟で北上しバガンに近づいてくると最初に見えてくるパゴダで、黄金色に輝く釣鐘型のパゴダはバガンのランドマーク的な存在になってきた。かつてのバガンには、エーヤワディー川をさかのぼってスリランカの交易船が訪れていた。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ローカナンダー‐パゴダ(Lawkananda Pagoda)

ミャンマー中部の都市遺跡バガンの南郊のニューバガンにある仏塔。イラワジ川沿いのローカナンダー公園内に位置する。11世紀半ば、パガン朝を創始した初代王アノーラータにより、スリランカからもたらされたという釈迦(しゃか)の聖歯を納めるために建立。金箔に覆われ、先端部が尖った釣鐘型の外観をもち、かつて河川交通の目印となった。ローカナンダーパヤー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例