コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローセンダール Roosendaal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローセンダール
Roosendaal

オランダ南西部,ノールトブラバント州の都市。ベルヘンオプゾームとブレダの間に位置する。 1268年に近くに聖堂が建てられたのが発展の契機となった。初期の産業はベルギーの修道士たちによる泥炭の採掘であった。ロッテルダムとアントウェルペンを結ぶ鉄道の分岐点で,車両修理工場があるほか,照明器具,製紙機械などの製造業が行われる。人口6万 1354 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android