コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローツェ[山] ローツェ

2件 の用語解説(ローツェ[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ローツェ[山]【ローツェ】

ヒマラヤ山脈チョモランマエベレスト)山群の一峰。チョモランマ山の南方約3km,ネパール・中国国境に位置するためチベット語で〈南の峰〉と命名。標高8516m。南方にローツェ氷河,西ローツェ氷河,東ローツェ氷河がある。
→関連項目サガルマータ国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ローツェ[山]【Lhotse】

ネパール・ヒマラヤ,クーンブ山群にある世界第4位の高峰。標高8511m。エベレスト峰の南3kmのネパール・チベット境にあるため,〈南の峰〉というチベット名がつけられた。1955年国際登山隊の試登後,56年スイス隊は西壁から初登頂。73年から再挑戦が始まったがいずれも敗退,77年西ドイツ隊は北西壁から登頂,79年春オーストラリア隊,同年秋ポーランド隊,81年ブルガリア隊が登頂。主峰の東にあるローツェ・シャールLhotse Shar(8383m)は,1960年から試登されたが,70年オーストリア隊が南西稜から初登頂。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローツェ[山]の関連キーワードカトマンズネパール語ヒマラヤ山脈マナスルゴサインタン山ヒマラヤヒマラヤ杉チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊白籏史朗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone