コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロートマン Yurii Mikhailovich Lotman

3件 の用語解説(ロートマンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ロートマン【Yurii Mikhailovich Lotman】

1922~1993) ソ連の文芸学者。「文化の記号学」に取り組んだ。代表的著作「構造詩学講義」「ロシア文化講義」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロートマン【Yurii Mikhailovich Lotman】

1922‐93
ソ連邦の文芸学者,記号学者。タルトゥ大学教授。1950年代にはラジーシチェフ,カラムジンなどをはじめとする18,19世紀の文学史をおもな研究対象としていた。現在でもロシア文学ならびに思想の研究は続いているものの,60年代以降は何よりもまず記号学の〈モスクワ・タルトゥ学派〉の重鎮の一人として知られている。ソ連における記号学の本格的な始まりをしるす《構造詩学講義》(1964)をはじめ,《芸術テキストの構造》(1970)や《詩的テキストの分析》(1972)のようにもっぱら文学を記号学的に研究したものが多いが,映画,演劇,絵画などの芸術に関する記号学的研究もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロートマン
ろーとまん
Юрий Михайлович Лотман Yuriy Mihaylovich Lotman
(1922―1993)

ロシアの文学研究者、記号学者。1963年以来タルトゥ大学教授。50年代にはラジーシチェフ、カラムジンらをはじめとする18、19世紀の文学史をおもな研究対象としていたが、60年代以降はなによりもまず記号学の「モスクワ・タルトゥ派」の重鎮の一人として活躍した。当初は『構造詩学講義』(1964)をはじめ、文学を記号学的に研究したものを中心にしつつ、映画、演劇、美術なども扱っていた。しかし70年前後からは、文化という統一体を問題とし、またその統一体のなかで文学や映画など個々の記号体系をも研究していこうとする「文化の記号学」や、ロシア史の再検討を主目的とする「歴史記号論」に比重を移していった。[桑野 隆]
『ロートマン著、磯谷孝訳『文学理論と構造主義』(1978・勁草書房) ▽ロートマン著、磯谷孝編訳『文学と文化記号論』(1979・岩波書店) ▽ロートマン著、桑野隆・望月哲男・渡辺雅司訳『ロシア貴族』(1997・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロートマンの言及

【記号】より

…ボガトゥイリョフPyotr G.Bogatyryov(1893‐1971)の民族衣装の機能構造研究もその成果のひとつであった。これに対してソ連文化記号論は自然言語のうえに形づくられる第2次モデル形成体系(日常言語に対する芸術言語など)に焦点をあて,Yu.M.ロートマンの構造詩学研究,芸術テキストの構造の研究などで活動を軌道にのせ,文化テキストの研究へ見通しを開いた(モスクワ・タルトゥ学派)。文化テキストの機能と構造,タイポロジーが研究される。…

【詩学】より

… ロシア・フォルマリズムの発祥地ソ連ではスターリンの死後,構造言語学が発足し,ついでモスクワ・タルトゥ学派を中心に文化記号論が発足した。この文化記号論の核として構造詩学を展開したのはYu.M.ロートマンで(《構造詩学講義》《芸術テキストの構造》ほか),彼は構造言語学,情報理論,情報美学,一般記号論の諸概念によるロシア・フォルマリズムとバフチンの諸成果の読み直しを行った。日常言語も世界のモデルだが,その上に築かれる芸術言語は,より全体的で濃密な世界のモデルをなす第2次モデル形成体系である。…

【名】より

… しかし,そのような中で固有名詞は例外的な存在であり,たとえばある人の名は(原則的に)その人以外を指し示すことがない。その意味で固有名詞というものは,有限の手段によってあらゆるものを名指すことのできる創造的な仕組みとしての自然言語の中で,拡大や転用とは無縁な一対一対応の(その意味で信号(シニャール)的な)特殊性を帯びているが,ロシアの記号論学者Yu.M.ロートマンらも指摘したように,逆にそれゆえにこそ,固有名詞は他の言葉以上に対象そのものを喚起する力を持っている。世界の神話にしばしば見られる固有名詞(とくに人名)の列挙の意味も,このような観点から神話的テキストの一特徴としてとらえることが可能であろう。…

【モスクワ・タルトゥ学派】より

…その理論的特徴は,宗教,神話,フォークロア,芸術,文学などを,言語を基礎とした〈第2次モデル化体系〉として位置づけている点にある。代表的人物としては,モスクワでは神話,文学,映画のイワーノフVyacheslav Vsevolodvich Ivanov(1929‐ ),神話,文学のトポロフVladimir Nikolaevich Toporov(1928‐ ),神話,文学,イコン学のウスペンスキーBoris Andreevich Uspenskii(1937‐ ),タルトゥでは文学,映画のロートマンらがあげられる。70年ころより,それまでの宗教,神話などを別々に対象とした〈個別記号学〉と並んで,第2次モデル化体系の総体を体系としてとらえる〈文化の記号学〉の樹立をめざした作業も精力的に進められている。…

※「ロートマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロートマンの関連キーワードオブルチェフ記号学ソ連バフチンフリーチェ文芸学エイヘンバウムソ連邦トマシェフスキーボゴラス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロートマンの関連情報