コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローボ Lobo, Francisco Rodrigues

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローボ
Lobo, Francisco Rodrigues

[生]1580? レイリア
[没]1622. リスボン
ポルトガルの詩人,散文家。コインブラ大学で法律を学び,ブラガンザ公に仕えた。カモンイスの詩風にならい,伝統を受継いだ 17世紀の代表的詩人。自然を歌った抒情詩にすぐれる。『春』A Primavera (1601) ,『遍歴の牧人』O Pastor Peregrino (08) などの牧歌物語には多くの詩が挿入されている。また,有名な『村の礼節』 Corte na Aldeia (19) は宮廷生活の規律に関する 17の教訓的対話から成り,当時のカスティリア心酔に対する反発がうかがえる。ほかに『牧歌集』 Éclogas (05) がある。テージョ川で溺死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ローボの関連キーワードローボルト[会社]スローボール論争ミントフラッペフェードボールウェイン ワンポルトガル文学マリオ ザガログリエフスク姫神リョーマツェーラムケメロボ州スラブ神話伊藤さとるユニリーバポーカークズバス沢井桂子高橋一三中河美芳ドロー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android