ローマ字運動(読み)ローマじうんどう

百科事典マイペディアの解説

明治初年以来行われた,ローマ字を国語表記の文字として採用しようとする運動。日本の近代化にともなう言語改革の運動では,漢字の廃止がつねに大きなテーマとなった。1867年前島密は建白書〈漢字御廃止之議〉を徳川慶喜に上申した。漢字を廃したのちの文字については,仮名とする議論もあったが,1874年《明六雑誌》で西周はローマ字採用を提唱,以後,1885年の外山正一らの羅馬字会,1921年の日本ローマ字会の設立などさまざまなグループが運動を続けた。第2次大戦後は特筆すべき動きはない。→国語国字問題

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android