ローレンツ ハート(英語表記)Lorenz Hart

20世紀西洋人名事典の解説


1895.5.2 - 1943.11.22
作詞家。
ニューヨーク市生まれ。
1917年コロンビア大学を中退する。’20年ロジャーズとの共著「Fly with Me」がリューに認められ、リューの息子ハーバトを加えた3人で創作活動を行うが、失敗する。’25年「ガリック・ゲイエティーズ」等で成功し、以後、ヒット作を次々送り出す。その後、ハーバトと別れ、ロジャース&ハートとして作品群を生むが、「バイ・ジュピター」(’42年)を最後に酒の飲み過ぎで意欲を失う。ロジャースは「コネチカットヤンキー」の再演を企画し、彼に新曲を書かせるが、再演の初日に行方不明となり、5日後に死亡。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android