コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローンアンテロープ roan antelope

世界大百科事典 第2版の解説

ローンアンテロープ【roan antelope】

偶蹄目ウシ科の哺乳類。ウマを思わせる体型をした大型のアンテロープ。英名でhorse antelope(ウマアンテロープ)と呼ばれることがある。体色は全体に淡い赤茶色,顔には白と黒の顕著な斑紋がある。耳は長く,先がとがり,先端に房毛(ふさげ)がはえる。後方に湾曲する角は雌雄ともにあり,体のわりにはやや小さく長さ55~99cm。セネガル,エチオピアから南アフリカ南部に分布。体長190~240cm,肩高126~145cm,尾長37~48cm,体重220~300kg。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローンアンテロープ
ろーんあんてろーぷ
roan antelope
[学]Hippotragus equinus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。習性などセーブルアンテロープに似るが、普通、開けた草原を好み、両種はすみ分け的であるという。肩高1.4~1.6メートル。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ローンアンテロープの関連キーワードオリックスルアンシャウガンダ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android