コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローンアンテロープ roan antelope

2件 の用語解説(ローンアンテロープの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ローンアンテロープ【roan antelope】

偶蹄目ウシ科の哺乳類。ウマを思わせる体型をした大型のアンテロープ。英名でhorse antelope(ウマアンテロープ)と呼ばれることがある。体色は全体に淡い赤茶色,顔には白と黒の顕著な斑紋がある。耳は長く,先がとがり,先端に房毛(ふさげ)がはえる。後方に湾曲する角は雌雄ともにあり,体のわりにはやや小さく長さ55~99cm。セネガルエチオピアから南アフリカ南部に分布。体長190~240cm,肩高126~145cm,尾長37~48cm,体重220~300kg。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローンアンテロープ
ろーんあんてろーぷ
roan antelope
[学]Hippotragus equinus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。習性などセーブルアンテロープに似るが、普通、開けた草原を好み、両種はすみ分け的であるという。肩高1.4~1.6メートル。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローンアンテロープの関連キーワード偶蹄類ダイカートピヌーイランド鎌海豚水牛縞馬ニアラ山羊

ローンアンテロープの関連情報