ワイス(読み)わいす(英語表記)Pierre-Ernest Weiss

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイス(Piere-Ernest Weiss)
わいす
Pierre-Ernest Weiss
(1865―1940)

フランスの物理学者。チューリヒ工科大学、高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)に学び、磁気の研究を行う。1918年ストラスブール大学の物理学教授となる。ランジュバンの常磁性に関する熱統計の理論を拡張して、強磁性体の原子磁気モーメントは分子磁場とよばれる磁場のために平行に整列しているという強磁性の理論をたてた。その後に量子力学が成立してから、分子磁場はスピン間の交換力にほかならないことが明らかにされたが、この理論は第一次近似として磁性研究に応用され、たとえばL・ネールによる反強磁性やフェリ磁性の研究において発展的に活用されている。分子磁場は、しばしばワイス磁場ともよばれている。[今野 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワイスの関連情報