コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネール Néel, Louis-Eugène-Félix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネール
Néel, Louis-Eugène-Félix

[生]1904.11.22. リヨン
[没]2000.11.17. ブリーブラガヤルド
フランスの物理学者。パリのエコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) を卒業後,ストラスブール大学で P.ワイスの指導のもと金属および合金の磁性を研究。 1937~45年同大学教授,45~76年グルノーブル大学教授,54~76年グルノーブル高等技術研究所所長,56~71年同地の中央原子核研究所所長。 1936年反強磁性理論,44年磁区の理論,48年フェリ磁性の理論を発表。磁化曲線について,高周波磁場における磁気損失と磁化率,磁気余効などの諸研究がある。彼の研究は固体物理学の理論的発展およびコンピュータの記憶素子の改良など応用面にも,重要な寄与をなした。 70年 H.アルベーンとともにノーベル物理学賞受賞。

ネール
Neer, Aert van der

[生]1603/1604. アムステルダム
[没]1677.11.9. アムステルダム
オランダの風景画家。若い頃ホルケムの名門の家に一時奉公したが,1634年頃生地に帰り終生過ごした。初期の作品にはホルケムの画家 A.ホバエルトや R.カンフェイゼ,ハーグの風景画家エサイアス・ファン・デ・フェルデの影響がみられる。アムステルダム周辺の運河を主題にして,月光を浴びた夜景や冬景色,曙や日没時の景色を好んで描き,独自の風景画の世界を展開した。子のエフロ・ヘンドリック・ファン・デル・ネール (1634~1703) はガブリエル・メッツ風の風俗画家として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ネール

フランスの物理学者ストラスブール大学で理学博士の学位を取得。同大学教授,グルノーブル大学教授,原子核研究センター所長,グルノーブル・ポリテクニク研究所長。固体物理学の権威で,鉄族元素の酸化物などにみられる反強磁性の理論を確立,さらにフェライトの系列に属する強磁性体のもつ強磁性を発見してフェリ磁性と命名。
→関連項目反強磁性

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネール【Louis Néel】

1904‐
フランスの物理学者。リヨンの生れ。1932年にストラスブール大学で理学博士の学位を取得,37年には同大学理学部の教授となった。P.ワイスに始まる強磁性体の分子磁場の手法を拡張し,反強磁性ならびにフェリ磁性の概念を確立した。反強磁性体の常磁性体への転移温度をネール温度と呼ぶが,これは彼の名にちなむ。70年には,これらの研究によってノーベル物理学賞を受賞した。【日野川 静枝】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ネール【nail】

つめ。ネイル。

ネール【Louis Néel】

1904~2000) フランスの物理学者。金属および合金の磁性を研究、反強磁性・フェリ磁性の概念の確立など、広範な磁気研究を行う。

ネール【Pandit Jawāharlāl Nehrū】

1889~1964) インドの政治家。ガンジーとともにインド独立運動に参加、国民会議派を指導。1947年インド独立後は初代首相。アジア・アフリカ会議の中心的指導者でもあった。ネルー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネール
ねーる
Louis-Eugne-Flix Nel
(1904―2000)

フランスの物理学者。ストラスブール大学でワイスに師事し、1945年グルノーブル大学教授、1952年フランス海軍科学顧問、1957年グルノーブル原子核研究所理事、国際純・応用物理学会会長(1963~1966)、ルイ・ド・ブロイ財団理事長(1973~1991)、国立科学研究センター(CNRS:Centre National de la Recherche Scientifique)理事(1979~1983)などを歴任。1930年代に、普通の強磁性体とは異なって、原子磁気モーメントの向きを交互に配列し、巨視的には磁性を現さない物質を発見し、反強磁性体と名づけた。また異なる大きさのモーメントを交互に配列するフェリ磁性体もみいだした。そして、ワイスの分子場の理論を発展させ、これらの物質の磁性を説明した。これらの研究により、磁性体は応用目的に応じた生産が可能となり、新たに焼結されたフェライトは、マイクロ波エレクトロニクスやコンピュータに革命的な進歩をもたらした。研究は、磁区の理論、微粒子磁石などにも及び、岩石中に析出される磁性微粒子の残留磁化の方向から、地球の磁極が移動した歴史を知ることができることを説明した。1970年、反強磁性と強磁性についての基礎的研究により、磁気流体力学を研究したスウェーデンの物理学者アルベーンとともにノーベル物理学賞を受けた。なお、彼は1945年にフランスのグルノーブルで静電気・金属物理学研究所を設立し、その研究所長を務めた。この研究所から1971年に発展的に派生した磁気研究所は、1976年以降、彼のこの分野での功績を記念してルイ・ネール研究所と改名された。[今野 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネールの言及

【古地磁気】より

…これに対する解答は40年代から50年代にかけて提供された。L.ネールは48年フェリ磁性の研究,49年,51年には熱残留磁化の研究を相次いで発表し,理論的な基礎を築き,52年イギリスのブラケットP.M.S.Blackettは非常に弱い磁化まで測定できる高感度無定位磁力計を作りあげた。さらに53年R.A.フィッシャーは測定値のばらつきの程度の統計的な解析方法を示した。…

【磁気余効】より

…この現象はディスアコモデーションdisaccommodationとして知られている。 熱ゆらぎ磁気余効はL.ネールによって提唱されたもので,磁化の回転,または磁壁の移動が熱的なゆらぎで起こり,その緩和過程の緩和時間が非常に長いものから非常に短いものまで広い範囲にわたって連続的に分布をもつとして説明をするものである。単一磁区からなる微粒子の集りと考えられるような強磁性体を例にとってみると,それぞれの微粒子の磁化は異方性エネルギーにより定まる安定な方向(容易磁化方向)のどれかに向いている。…

※「ネール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ネールの関連キーワードクーナヴァッカム・ヴィンジャムール ケサヴァンくまのアーネストおじさんとセレスティーヌKai's Photo Soapライブタスクバー サムネイルライブタスクバーサムネイルフリップ/フリップ3Dアジア・アフリカ会議グラン・コンバン山バブラム バタライストーリーボードインド国民会議派チャンパネールインド独立運動パーバガドゥ山ブロッホラインラージプートテトラポッド異形ブロックネールピンクキュリー温度

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネールの関連情報