コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリ磁性 フェリじせいferrimagnetism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリ磁性
フェリじせい
ferrimagnetism

磁性体のなかに2種類の磁性原子があり,それらの磁気モーメントが逆向きで,大きさが等しくないときに現れる磁性。大きさが等しくて,互いが完全に打消し合うときには反強磁性となる。したがって反強磁性と異なり,フェリ磁性は強い磁性を発生させることが可能となる。フェリ磁性体にはフェライト,鉄ガーネット,クロマイトなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

フェリ磁性【フェリじせい】

磁鉄鉱やフェライトなど酸化物,硫化物の強磁性体は,金属元素や合金の強磁性体と異なる機構により強磁性を示す。これをフェリ磁性という。結晶中の2種類の磁性原子(イオン)が2群に分かれ,それらの磁気モーメントは互いに逆方向を向いて打ち消し合うが,両者の大きさが異なるため全体として消えずに残り,それが強磁性として現れる。
→関連項目磁性体

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

フェリじせい【フェリ磁性】

磁鉄鉱などのフェライトにみられる磁性。結晶中に存在する二組の格子上にある原子・イオンの磁気モーメントが、互いに反対向きに並び、その磁気モーメントの大きさや数が異なるために、自発磁化をもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のフェリ磁性の言及

【磁性】より

…反磁性体,常磁性体では磁場によって磁化が誘起されるのに対し,強磁性体は磁場がなくても磁化をもっており,この磁化を自発磁化と呼ぶ(ただし強磁性体でも磁区の構造によっては見かけ上磁化をもたない場合がある)。このほか,強磁性と似た成立ちであるが,巨視的には自発磁化をもたず,常磁性に似た性質を示す反強磁性と呼ばれるものがあり,さらに成立ちは反強磁性に似ているが,巨視的には自発磁化をもつフェリ磁性と呼ばれるものもある(それぞれの物質を反強磁性体,フェリ磁性体という)。 磁性の起源となるのは原子を構成する電子および原子核の磁気モーメントである。…

※「フェリ磁性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェリ磁性の関連キーワードワイス(Piereイットリウム鉄ガーネット強磁性フェライトフェリ磁性共鳴電子スピン共鳴磁気共鳴吸収磁気電気効果キュリー温度ルイ ネールスピン共鳴酸化物磁石磁気転移常磁性体飽和磁化磁気余効自発磁化スピン波磁性材料磁鉄鉱転移点

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android