コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気モーメント じきモーメントmagnetic moment

翻訳|magnetic moment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気モーメント
じきモーメント
magnetic moment

磁気量の双極子モーメント。磁気には真磁荷 (磁気単極) がないため,正負等量磁気量が対となった双極子が磁気の基本になる。等量の磁気量を m ,磁極間の距離を l とするとき,大きさが ml で負極から正極へ向うベクトルを磁気モーメントという。荷電粒子が自転するときや閉軌道を回転するとき,閉じた電流をつくり,そのまわりに磁場を生じるが,これは磁気双極子によるものと考えることができる。このときの磁気モーメントを μ ,角運動量を J とすると,μ は J に比例する。この比例定数 g は粒子と角運動量の種類によって決り,g因子と呼ばれる。電子の場合,スピンに対しては g=2 ,軌道角運動量に対しては g=1 である。面積 S の面を縁どる閉曲線を定常電流 I が流れるときの磁気モーメントは,アンペールの法則により,IS/c ( c は真空中の光速度) である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じき‐モーメント【磁気モーメント】

磁石の両極間の距離に、磁極の強さの絶対値を掛けた大きさをもち、負極から正極へ向かう方向をもつ量。磁気の作用を表す量。磁気能率

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

磁気モーメント【じきモーメント】

磁石の両極の磁気量を±q(/m),その間の距離をlとするとき,大きさがmlで方向がS(−)極からN(+)極へ向かうベクトルをいう。小さい閉回路を流れる定常電流は,小さい磁石と同じ磁場をつくるので,この等価な磁石の磁気モーメントで電流の磁気モーメントを定義できる。
→関連項目アンペールの法則クッシュ原子核物理学残留磁化磁化磁気磁気共鳴磁性体シュテルン双極子反粒子ラビ粒子線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じきモーメント【磁気モーメント magnetic moment】

磁気量としては電荷に相当する磁荷があり,電荷と同様に正負が存在する。ところが磁荷は電荷と違って単独では存在せず,磁石で見られるようにいつも正負同量の磁荷が対となって現れる。このとき,磁石の正極および負極の磁荷をm,正負の極間の距離をaとすると,大きさがmaで,負極から正極に向かうベクトル量を磁石の磁気モーメントと定義する。磁荷の性質から,磁気モーメントは磁気のもっとも基本的な量ということになる。電荷が回転運動をすると電流が閉じた曲線に沿って定常的に流れ,その電流が周囲に磁場をつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じきモーメント【磁気モーメント】

磁気双極子を特徴づけるベクトル量で、その大きさは、正磁極の大きさと正負磁極間の距離との積に等しく、その向きは、普通、負極から正極に向かう向きにとる。単極の磁荷は存在しないので、磁気の基本的な量と考えることができる。また、荷電粒子が軌道運動を行うとその角運動量に比例する磁気モーメントが現れる。磁気双極子モーメント。磁気能率。 → 双極子モーメント

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁気モーメント
じきもーめんと

磁気能率ともいう。磁石は周りに磁場をつくるが、長さがLでその両端の磁極の強さがmと-mとであるような棒磁石が遠くの点につくる磁場の方向と強さは、棒の軸方向およびmLとの積μ=mLとだけによって決まる。それでμを磁気モーメントという。電流の周りには磁場ができるが、円形の電流によって遠くの点につくられる磁場は、その円の中心にその面と垂直にある磁石を置いたときの磁場と同等である。したがって、環状電流も磁気モーメントをもつということができ、その大きさは電流の強さIと環の面積Sとの積すなわちISに等しい(単位のとり方によっては係数がかかる)。
 磁石そのものも、それが、目に見えない小さな環状電流によるものであるとすれば、初めの磁気モーメントの定義にかわって、環状電流の磁気モーメントのほうが基本であると考えられる。磁石の中にミクロな磁気モーメントの担い手が多数あるとすれば、磁石の磁気モーメントはそれらのベクトル的な総和である。物質の単位体積当りの磁気モーメントはその物質の磁化の強さにほかならない。
 電子が閉じた軌道を回っていれば、それは環状電流であり、磁気モーメントをもつことになるが、そのほかに、電子自身が自転運動を行うことにより固有の磁気モーメントをもっている。物質の磁性の根元はこれらの磁気モーメントによって説明されるべきものである。[宮原将平・佐藤博彦]
『溝口正著『磁気と磁性 1』(1995・培風館) ▽浜口智尋著『電子物性入門』(1999・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の磁気モーメントの言及

【核磁気モーメント】より

…原子核の磁気モーメント。ゼロと異なるスピンをもつ原子核はその状態によって決まる磁気(双極子)モーメントをもっている。…

【双極子】より

…そのため環状電流を磁気双極子と呼ぶ。電流をI,環状電流が囲む面の面積をSとするとき,積mIS磁気(双極子)モーメントという。ベクトルとして考えるときは,長さmをもち,環状電流が囲む面の法線nの方向を向くベクトルmを磁気モーメントという。…

※「磁気モーメント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁気モーメントの関連キーワードブロック(Felix Bloch)シュテルン‐ゲルラハの実験スレーター‐ポーリング曲線ヴァンヴレックの常磁性ゼンフトレーベン効果電子の磁気モーメント異常ゼーマン効果フェルミ相互作用電子スピン共鳴ランダウ反磁性螺旋磁気構造交換相互作用シュミット則反強磁性共鳴フェリ磁性ボーア磁子磁気ひずみネール状態アンペール磁気双極子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android