コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワタノメイガ

2件 の用語解説(ワタノメイガの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ワタノメイガ

鱗翅(りんし)目メイガ科のガの1種。開張30mm内外,黄白色の地に黒褐色の条斑がある。日本全土,朝鮮,中国〜熱帯アジアオーストラリアに広く分布。幼虫はワタ,アオイ,キリなどの葉を巻いて食べる害虫。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワタノメイガ
わたのめいが / 綿野螟蛾
cotton leafroller
[学]Natarcha derogata

昆虫綱鱗翅(りんし)目メイガ科に属するガ。はねの開張25~30ミリ。体翅とも黄褐色を帯びた白色、はねには黒褐色の横線があり、翅脈上も同じ色で、網目状の模様をつくる。前後翅の横脈上と前翅の中室内に環状の紋がある。日本全土、アジア、オーストラリアの熱帯から亜熱帯に広く分布する。幼虫は、ワタ、フヨウ、ムクゲなどのアオイ科、アオギリ、その他の植物の葉を巻いて食害する害虫で、北海道では年2回、暖地では3回発生、幼虫態で越冬する。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone