コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッケンローダー Wackenroder, Wilhelm Heinrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワッケンローダー
Wackenroder, Wilhelm Heinrich

[生]1773.7.13. ベルリン
[没]1798.2.13. ベルリン
ドイツの作家,批評家。ドイツ中世の文学,美術,特に画家デューラーに対する傾倒は友人ティークに強い影響を及ぼした。 24歳で夭折。ティークが若干文章を加えて出版したイタリアの画家およびデューラーへの信仰と思慕の書『芸術を愛するある修道士の心情の吐露』 Herzensergiessungen eines kunstliebenden Klosterbruders (1797) が有名。遺稿『芸術についての幻想』 Phantasien über die Kunst (99) もティークによって出版された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワッケンローダー
わっけんろーだー
Wilhelm Heinrich Wackenroder
(1773―1798)

ドイツ・ロマン主義初期の詩人。ベルリンに生まれる。司法官試補になったが夭折(ようせつ)した。エルランゲンの学生時代に親友ティークと南ドイツを旅行し、バンベルクやニュルンベルクなどの中世都市で建築と美術、とくに画家デューラーに心を奪われた。このとき書いた十数編の評論に、ティークは自らも数編を加えて、作者を修道僧に仮託し、『芸術を愛する一修道僧の心情の吐露』(1797)として出版した。また遺稿『芸術幻想』(1799)もティークとの共著の形で出版された。芸術を宗教のごとく崇(あが)める芸術至上主義、デューラーの再発見、ドイツ中世芸術の賛美は、「新しい芸術観の宣言」といわれたように、ドイツ・ロマン主義の出発点ともなる。また両作の主人公として、芸術に魅せられ芸術を実践する身となりながら、その社会的無力に絶望する若い音楽家ヨーゼフ・ベルクリンガーを創造したことは、とくに注目される。[杉浦健之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワッケンローダーの関連キーワードワッケンローダー溶液カロチンナザレ派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android