コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッケンローダー ワッケンローダー Wackenroder, Wilhelm Heinrich

2件 の用語解説(ワッケンローダーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワッケンローダー
ワッケンローダー
Wackenroder, Wilhelm Heinrich

[生]1773.7.13. ベルリン
[没]1798.2.13. ベルリン
ドイツの作家,批評家。ドイツ中世の文学,美術,特に画家デューラーに対する傾倒は友人ティークに強い影響を及ぼした。 24歳で夭折。ティークが若干文章を加えて出版したイタリアの画家およびデューラーへの信仰と思慕の書『芸術を愛するある修道士の心情の吐露』 Herzensergiessungen eines kunstliebenden Klosterbruders (1797) が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワッケンローダー
わっけんろーだー
Wilhelm Heinrich Wackenroder
(1773―1798)

ドイツ・ロマン主義初期の詩人。ベルリンに生まれる。司法官試補になったが夭折(ようせつ)した。エルランゲンの学生時代に親友ティークと南ドイツを旅行し、バンベルクやニュルンベルクなどの中世都市で建築と美術、とくに画家デューラーに心を奪われた。このとき書いた十数編の評論に、ティークは自らも数編を加えて、作者を修道僧に仮託し、『芸術を愛する一修道僧の心情の吐露』(1797)として出版した。また遺稿『芸術幻想』(1799)もティークとの共著の形で出版された。芸術を宗教のごとく崇(あが)める芸術至上主義、デューラーの再発見、ドイツ中世芸術の賛美は、「新しい芸術観の宣言」といわれたように、ドイツ・ロマン主義の出発点ともなる。また両作の主人公として、芸術に魅せられ芸術を実践する身となりながら、その社会的無力に絶望する若い音楽家ヨーゼフ・ベルクリンガーを創造したことは、とくに注目される。[杉浦健之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワッケンローダーの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリン映画祭シュターツカペレ・ベルリンベルリン空輸回廊ベルリン・ゲームベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone