コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワッセナー合意 ワッセナーゴウイ

1件 の用語解説(ワッセナー合意の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ワッセナー‐ごうい〔‐ガフイ〕【ワッセナー合意】

1982年にオランダの政府・労働組合経営者団体の代表者間で交わされた合意。賃金の抑制と労働時間の短縮によって雇用を確保する一方、財政支出を抑制し、減税を行うというもの。名称は、ハーグ郊外のワッセナーで締結されたことから。
[補説]オランダは1970年代に天然ガスの輸出を拡大したが、貿易黒字が通貨高や労働賃金の上昇を招き、深刻な不況に陥った(オランダ病)。ワッセナー合意に沿った一連の改革により、ワークシェアリングが導入され、1990年代までに失業率の低下・経済成長・財政黒字化を達成している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ワッセナー合意の関連キーワード鳥羽一郎日野美歌THE虎舞竜鉱業政策敦煌石窟早稲田大学ケベック問題モルシ高カリウム岩系

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワッセナー合意の関連情報