コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットプラシーサンペット ワットプラシーサンペット Wat Phra Si Sanphet

2件 の用語解説(ワットプラシーサンペットの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットプラシーサンペット【ワットプラシーサンペット】
Wat Phra Si Sanphet

タイ中部の古都アユタヤにある遺跡。この遺跡はワット(寺院)の名を冠し、アユタヤ最大規模の寺院とされているが、実際はアユタヤ王朝(1351~1767年)の創始者ラーマーティボーディー1世が建設した王宮で、その後、王宮の移転に伴い、王が仏教儀式を行う施設となった。3人のアユタヤの王の遺骨を納めたパゴダ(仏塔)がある。◇アユタヤの仏教遺跡は大きな破壊にあったものが多いが、ワットプラシーサンペットは例外的に保存状態がよいまま今日にいたり、アユタヤ王朝時代建築様式を知ることができる貴重な遺跡になっている。また、19~21時までライトアップされている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワット‐プラシーサンペット(Wat Phra Sri Sanphet)

タイ中部の古都アユタヤにある仏教寺院。アユタヤ朝の守護寺院であり、第9代王トライローカナート時代の1448年に建立。王と王子らの遺骨を納めた三つの仏塔がある。本堂には高さ16メートルの黄金の仏像があったが、ビルマ侵略の際に破壊された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワットプラシーサンペットの関連キーワードアユタヤアユタヤ朝カバー遺跡シュプヒル遺跡ズバルトノツの古代遺跡アユタヤ世界遺産の祭典ボロブドゥール遺跡ラーマティボディ[2世]アユタヤ遺跡古都アユタヤ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone