コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットマハタート ワットマハタート Wat Mahathat

1件 の用語解説(ワットマハタートの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットマハタート【ワットマハタート】
Wat Mahathat

タイ中北部、首都バンコク北方400kmに位置する、古都スコタイにあるスコタイ遺跡の最大の寺院遺跡。最も格式の高いスコタイ王朝の王室寺院で、王宮の遺跡の西側にある。400m2の境内には8つの堂と4つの池があり、煉瓦(れんが)の列柱や仏像とともに、先端に蓮のつぼみの装飾がある独特のスコタイ様式の仏塔が残されている。この仏塔の基部には釈迦座像の装飾が施されている。このほか、境内にはクメール様式やスリランカ様式の建造物も見られる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワットマハタートの関連キーワードバンコク朝万国万斛盤谷万国旗バンコクマラソン熊坂磐谷吉田磐谷スコタイ遺跡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone