コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルミング Warming, Johannes Eugenius Büow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルミング
Warming, Johannes Eugenius Büow

[生]1841.11.3. マネ
[没]1924.4.2. コペンハーゲン
デンマークの植物学者。植物と環境の関係を研究し,植物生態学の基礎をつくった。 1871年コペンハーゲン大学より学位取得。ストックホルムの王立工科大学教授 (1882~85) 。その間,84年にグリーンランドへ調査旅行。 85年コペンハーゲン大学に戻り,1911年まで同大学植物学教授をつとめ,付属植物園園長を兼任。グリーンランドでの調査をもとにして『グリーンランドの植生』 Om Grønlands Vegetation (88) を書いて,そのなかで環境に適合するように植物の構造が変化することを明らかにし,生活形概念の形成に影響を与えた。また,遷移が植物群落に一般的な現象であることを最初に指摘したのも彼であった。 95年に著わした『植物生態学』 Plantesamfundは各国語に訳され,現代生態学の基礎を確立するのに役立った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワルミングの関連キーワードグローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガナビスナビス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android