ワンガヌイ(英語表記)Wanganui

デジタル大辞泉の解説

ワンガヌイ(Wanganui)

ニュージーランド北島西岸の港湾都市。ワンガヌイ川の河口に位置する。周辺では牧羊、酪農が盛ん。1841年に入植が始まり、水上交通の拠点として発展。マオリとヨーロッパ人の間で土地領有をめぐるマオリ戦争の舞台となった。19世紀の古い建造物が多く残っている。ファンガヌイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワンガヌイ
わんがぬい
Wanganui

ニュージーランド北島南西部、ワンガヌイ川河口に位置する港湾都市。人口4万3266(2001)。付近は酪農、牧羊が盛んである。1841年入植が始まり、その後三度にわたるマオリ戦争の舞台となった。1924年市制施行。名称はマオリ語で「大港」の意。[浅黄谷剛寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android