コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンツーワンマーケティング わんつーわんまーけてぃんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワンツーワンマーケティング

同様のし好やニーズを持った顧客層に向けて類型的なマーケティングを行なうのではなく、顧客を“個客”としてとらえ、ぞれぞれの趣味・し好、年収、生活習慣などを重視したマーケティング手法。これらの属性情報を分析し、興味を抱きやすい商品情報などをタイムリーに提供することで、購買促進を図る。インタラクティブ性の高いインターネットでは、顧客の属性情報を収集しやすいため、近年、この手法が急速に注目されつつある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワンツーワン‐マーケティング(one-to-one marketing)

顧客の個別の要求に対応して、商品やサービスを効果的に顧客へ提供すること。顧客の趣向などの情報を記録したデータベースを活用する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ワンツーワンマーケティングの関連キーワードリレーションシップマーケティング

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android