ワンデル勧告(読み)ワンデルかんこく

世界大百科事典 第2版の解説

社会保障に関し占領下に来日したアメリカの社会保障調査団(団長ワンデルWilliam H.Wandel)の報告書のうち勧告の部分をさす。同調査団は1947年8月に来日,2ヵ月余り滞在したが,その後12月1日にGHQに報告書が提出され,48年7月15日に日本政府に送達された。第1部現行社会保障制度概観,第2部勧告,からなる報告書(邦訳《社会保障への勧告》)は,まず現行諸制度を分析し批判を加えたうえ,第2部で社会保障制度,公衆衛生,病院および診療施設に分けて勧告がなされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android