コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンデル勧告 ワンデルかんこく

世界大百科事典 第2版の解説

ワンデルかんこく【ワンデル勧告】

社会保障に関し占領下に来日したアメリカの社会保障調査団(団長ワンデルWilliam H.Wandel)の報告書のうち勧告の部分をさす。同調査団は1947年8月に来日,2ヵ月余り滞在したが,その後12月1日にGHQに報告書が提出され,48年7月15日に日本政府に送達された。第1部現行社会保障制度概観,第2部勧告,からなる報告書(邦訳《社会保障への勧告》)は,まず現行諸制度を分析し批判を加えたうえ,第2部で社会保障制度,公衆衛生,病院および診療施設に分けて勧告がなされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android