コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーウ ワーウWāw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーウ
Wāw

南スーダン北西部の町。ガザール川の支流ジュル川西岸に位置する。スーダン北東部のポートスーダンや首都ハルツームと結ぶ鉄道の南の終点で,中央アフリカ共和国コンゴ民主共和国の貿易の一部も担う。綿花,ナンキンマメ,ゴマ,穀物,アズキモロコシなどの農産物,家畜の取り引きの中心地。かつてのスーダン南部黒人の北部アラブ勢力に対する反乱の根拠地であり,1965年の大規模な衝突では多くの住民が殺され,町は破壊された。1972年以降再建され,地域開発計画が施行された。人口 8万4000(1993)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワーウの関連情報