コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーツラフ3世 ワーツラフさんせいVáclav III; Wenzel(Wenzeslaus) III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーツラフ3世
ワーツラフさんせい
Václav III; Wenzel(Wenzeslaus) III

[生]1289
[没]1306.8.4. オロモウツ
ハンガリー王 (在位 1301~05) ,ボヘミア王 (在位 1305~06) 。ウェンツェル3世,ウェンツェスラウス3世とも呼ばれる。ポーランド王を兼ねたワーツラフ2世の子でプシェミスル朝最後の王。父王の意思により,1301年ハンガリー王となったが,教皇の推す対立候補との戦いで王位を維持できず,退位。父王の死後,ポーランド王位を要求してウワディスワフ1世 (短身王) と対立,ポーランドに赴く途上暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワーツラフ3世の関連キーワードウェンツェスラウス3世ウェンツェスラウスウェンツェル3世ウェンツェル在位

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android