コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワープロソフト わーぷろそふと

3件 の用語解説(ワープロソフトの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワープロソフト

文書を作成するためのソフトウェアのこと。文書の作成、編集などの基本機能の他、文字列の修飾、イラスト・画像・表の挿入などが行える高機能なものが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワープロ‐ソフト

word processing softwareから》文書の作成や編集を行うアプリケーションソフト。書体の大きさや種類、行間を調整できるほか、表や図を文書中に埋め込むことができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ワープロソフト

文書作成のためのアプリケーションソフトの総称。文字の入力、書体の種類や大きさの調整、文字装飾、行間や字送りの調整、印刷を前提とした書式設定ができ、作図・作表が行えるものも多い。代表的なソフトウェアは、マイクロソフトの「Microsoft Word」、ジャストシステムの「一太郎」など。◇和製語。「ワードプロセッシングソフトウェア(word processing software)」の略。さらに短く略して「ワープロ」ともいう。また、「ワードプロセッサー」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワープロソフトの関連キーワードWebアプリケーションサーバーWebアプリケーションフレームワークデータベースソフトアプリケーションプログラムアプリケーションソフトアプリケーションソフトウエアアプリケーションストア連携アプリアプリケーションソフトウェアデータ・アプリケーション

ワープロソフトの関連情報