ワープロソフト(読み)わーぷろそふと

IT用語がわかる辞典の解説

ワープロソフト

文書作成のためのアプリケーションソフトの総称。文字の入力、書体の種類や大きさの調整、文字装飾、行間や字送りの調整、印刷を前提とした書式設定ができ、作図・作表が行えるものも多い。代表的なソフトウェアは、マイクロソフトの「Microsoft Word」、ジャストシステムの「一太郎」など。◇和製語。「ワードプロセッシングソフトウェア(word processing software)」の略。さらに短く略して「ワープロ」ともいう。また、「ワードプロセッサー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワープロソフトの関連情報