ワープロソフト

IT用語がわかる辞典「ワープロソフト」の解説

ワープロソフト

文書作成のためのアプリケーションソフト総称。文字の入力、書体の種類や大きさの調整、文字装飾、行間や字送りの調整、印刷を前提とした書式設定ができ、作図・作表がえるものも多い。代表的なソフトウェアは、マイクロソフトの「Microsoft Word」、ジャストシステムの「一太郎」など。◇和製語。「ワードプロセッシングソフトウェア(word processing software)」の略。さらに短く略して「ワープロ」ともいう。また、「ワードプロセッサー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「ワープロソフト」の解説

ワープロ‐ソフト

word processing softwareから》文書の作成や編集を行うアプリケーションソフト。書体の大きさや種類、行間を調整できるほか、表や図を文書中に埋め込むことができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「ワープロソフト」の解説

ワープロソフト

文書を作成するためのソフトウェアのこと。文書の作成、編集などの基本機能の他、文字列修飾イラスト・画像・表の挿入などが行える高機能なものが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android