コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワープロソフト わーぷろそふと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ワープロソフト

文書を作成するためのソフトウェアのこと。文書の作成、編集などの基本機能の他、文字列修飾イラスト・画像・表の挿入などがえる高機能なものが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワープロ‐ソフト

word processing softwareから》文書の作成や編集を行うアプリケーションソフト。書体の大きさや種類、行間を調整できるほか、表や図を文書中に埋め込むことができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ワープロソフト

文書作成のためのアプリケーションソフトの総称。文字の入力、書体の種類や大きさの調整、文字装飾、行間や字送りの調整、印刷を前提とした書式設定ができ、作図・作表が行えるものも多い。代表的なソフトウェアは、マイクロソフトの「Microsoft Word」、ジャストシステムの「一太郎」など。◇和製語。「ワードプロセッシングソフトウェア(word processing software)」の略。さらに短く略して「ワープロ」ともいう。また、「ワードプロセッサー」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ワープロソフトの関連キーワードマイクロソフトオフィスワードSolo Writerテキストコンバーターオートインデントスペルチェッカーレイアウトモードバックスクロールオールキャップステキストボックスマクロウイルスオートコレクトレイアウト表示レイアウト機能文法チェッカー制御文字表示ブロック編集タブマーカーデシマルタブインデント影付き文字

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワープロソフトの関連情報