コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィルンガ国立公園 ヴィルンガコクリツコウエン

2件 の用語解説(ヴィルンガ国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ヴィルンガ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ヴィルンガ国立公園】

ビルンガ国立公園

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

ヴィルンガこくりつこうえん【ヴィルンガ国立公園】

1979年に登録された世界遺産自然遺産)。コンゴ民主共和国北東部、ルワンダウガンダの国境付近にある国立公園である(旧称アルベール国立公園)。国立公園としてはアフリカ最古(1925年)。国境をはさんでウガンダの世界遺産であるルウェンゾリ山地国立公園と隣接している。標高4507mのカリシンビ山をはじめとするヴィルンガ火山群を中心とした南北約300km、東西約40kmのエリアを有し、熱帯雨林地帯から標高5110mのルウェンゾリ山にいたる多彩な自然環境を持っている。公園内にはラムサール条約の登録湿地があり、鳥類が生息。また、マウンテンゴリラサンクチュアリ(保護区域)もある。公園にあるエドワード湖には、かつてはカバが多数生息していたが、現在は激減している。このため、危機遺産リストに登録された経緯がある。その後、1992年に危機遺産リストからはずされたが、隣国ルワンダで内戦が起こり、公園内に大量の難民が入り込んだために急速に環境が悪化し、また混乱の中で多数のカバやゴリラが殺されたこともあり、1994年に再び危機遺産リストに登録された。◇英名はVirunga National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヴィルンガ国立公園の関連キーワードキナバル山サンペドロスルツエイヘンダーソン島コモド国立公園世界自然遺産複合遺産自然遺産ソコトラ諸島世界遺産登録

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヴィルンガ国立公園の関連情報