ヴォルフガング フォルトナー(英語表記)Wolfgang Fortner

20世紀西洋人名事典の解説

ヴォルフガング フォルトナー
Wolfgang Fortner


1907.10.12 -
ドイツの作曲家。
元・フライブルクの国立高等音楽学校教授。
ライプチヒ生まれ。
ライプチヒ音楽院でグラーブナーに作曲を、ライプチヒ大学でクロイヤーに音楽学を学ぶ。ハイデルベルグの教会音楽学校(1931〜54年)、デトモルト北西ドイツアカデミー(’54〜57年)、フライブルクの国立高等音楽学校(’57〜73年)で教育活動に従事、ヘンツェ等を育てる。その間’35年ハイデルベルク室内管弦楽団を設立、「ムジカ・ビーバー」という一連の音楽会を主宰し現代音楽を紹介。第二次大戦後は12音技法を取り入れ、バレエ「白いバラ」(’49年)、オペラ「血の婚礼」(’56年)等の作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android