コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一の人 イチノヒト

2件 の用語解説(一の人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いち‐の‐ひと【一の人】

《朝廷の儀式で第一の席につくところから》摂政関白、または太政大臣左大臣の異称。一の所(ところ)。
「―の御ありさまはさらなり」〈徒然・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちのひと【一の人】

〔朝廷の儀式で、第一の座に着くことから〕
摂政・関白の異名。また、内覧宣旨を有する左大臣や太政大臣をもいうことがある。鎌倉中期以降は五摂家の家長および直系血族をもいう。一の所ところ。一の家。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一の人の言及

【摂関政治】より

…また摂関政治のもとでは,里内裏(さとだいり)が盛行し,里内裏=摂関邸が政治の場となり,政所がその執行機関となったという説もあるが,実際にはこの時代の里内裏の設置は,まだ臨時かつ短期間にとどまり,ときには摂関がその邸宅を仮皇居に提供することはあっても,摂関はその間他所に転居するのが常であるから,里内裏=摂関邸とする見解は適切でなく,この面からも,いわゆる政所政治論は成り立たない。 こうして摂政・関白は,〈一の人〉として廟堂の首位を占め,百官・諸司を率いて朝儀・公事を運営したのであるが,その地位を根底で支えたのは,天皇との外戚関係である。良房が人臣最初の摂政となったのも,彼が藤原氏では初めて在世中に外祖父となった好運によるところが大きい。…

※「一の人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一の人の関連キーワード雨儀御湯殿の儀式御倚子主席小儀大礼中儀朝儀朝典女叙位

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一の人の関連情報