コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一の人 イチノヒト

大辞林 第三版の解説

いちのひと【一の人】

〔朝廷の儀式で、第一の座に着くことから〕
摂政・関白の異名。また、内覧宣旨を有する左大臣や太政大臣をもいうことがある。鎌倉中期以降は五摂家の家長および直系血族をもいう。一の所ところ。一の家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一の人の言及

【摂関政治】より

…また摂関政治のもとでは,里内裏(さとだいり)が盛行し,里内裏=摂関邸が政治の場となり,政所がその執行機関となったという説もあるが,実際にはこの時代の里内裏の設置は,まだ臨時かつ短期間にとどまり,ときには摂関がその邸宅を仮皇居に提供することはあっても,摂関はその間他所に転居するのが常であるから,里内裏=摂関邸とする見解は適切でなく,この面からも,いわゆる政所政治論は成り立たない。 こうして摂政・関白は,〈一の人〉として廟堂の首位を占め,百官・諸司を率いて朝儀・公事を運営したのであるが,その地位を根底で支えたのは,天皇との外戚関係である。良房が人臣最初の摂政となったのも,彼が藤原氏では初めて在世中に外祖父となった好運によるところが大きい。…

※「一の人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一の人の関連キーワード儼・元・原・厳・嚴・幻・弦・減・源・玄・現・眩・眼・絃・舷・衒・言・諺・限・験ジャービル・イブン・ハイヤーン付き纏い・付き纒い・付きまといM.ネイル サイモン宮川 左近(3代目)リチャード クレナアイデンティファイ中臣烏賊津使主沖島(滋賀県)人口問題研究所花やぐ・華やぐ大賀九郎左衛門ファーティマ春風亭柳朝儀保 松男国沢新九郎室根[村]杉村治兵衛スースロフ斗南の一人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一の人の関連情報