コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金崎城 かねがさきじょう

5件 の用語解説(金崎城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金崎城
かねがさきじょう

福井県敦賀市泉にあった城。延元1=建武3 (1336) 年,後醍醐天皇の命を受けた新田義貞が,皇太子恒良親王と皇子尊良親王を奉じて北陸路に向った際,気比 (けひ) 氏治に迎えられて入ったのがこの城。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かねがさき‐じょう〔‐ジヤウ〕【金崎城】

福井県敦賀市金ヶ崎にあった城。延元元年=建武3年(1336)新田義貞(にったよしさだ)後醍醐(ごだいご)天皇の皇子、恒良(つねなが)尊良(たかなが)の両親王を奉じて足利勢と戦った所。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金崎城【かねがさきじょう】

福井県敦賀市の北東にあった中世の城。金ヶ崎城とも書き,敦賀城ともよんだ。日本海に突出した岬の山上にあった堅固な要塞。築城時期・築城者は不明だが,1181年木曾義仲を討つべく越前に下向した平通盛は〈津留賀城〉に拠って義仲軍と戦っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かねがさきじょう【金崎城】

福井県敦賀市の北東に位置し,天筒山の北西端の海に突出した岬の山上にある要塞堅固な中世の城。1337年(延元2∥建武4)ここに拠る南朝方の新田義貞らと,攻囲する北朝方の斯波高経らとの攻防は《太平記》に記されてあまねく知られている。その後51年(正平6∥観応2)には足利尊氏に背いた足利直義がここに拠り,さらに1459年(長禄3)には斯波氏の家督をめぐり,越前守護斯波義敏と守護代甲斐常治がこの城で争った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かねがさきじょう【金崎城】

敦賀市金ヶ崎の先端近くにあった城。1337年、新田義貞が尊良たかよし親王・恒良つねよし親王を奉じて再挙のため北国に赴く途中立てこもった城。高師泰こうのもろやすの軍に包囲されて落城、両親王は敗死。現在、金崎宮がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の金崎城の言及

【越前国】より

…足利尊氏の離反によって新政が破れると,越前は南北両朝軍の戦場となった。敦賀の金崎(かねがさき)城に立てこもった新田義貞らを高経以下の北朝軍が攻撃し,翌年3月これを落とした。このとき城を脱した義貞は府中(現,武生市)で態勢をたて直し,38年(延元3∥暦応1)2月義貞を追って府中に進駐した高経軍を撃破し,勢いに乗じてさらに兵を北に進めて高経軍の拠点,足羽七城を包囲した。…

【尊良親王】より

…35年(建武2)11月には鎌倉に反した足利尊氏討伐の軍を進めた。36年(延元1∥建武3)10月新田義貞らとともに越前に赴き金崎城に拠って北陸経営に尽力したが,翌年3月落城の際自害。【森 茂暁】。…

【新田義貞】より

…尊氏が8月持明院統の光明天皇を擁立したため南北朝が並立した。義貞は北国に南軍の拠点を築くべく恒良・尊良両親王を奉じて越前に下り,金崎(かねがさき)城,杣山(そまやま)城を根城に力戦を重ねたが,38年藤島の戦で戦死した。【森 茂暁】。…

※「金崎城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone