コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一党優位政党制 いっとうゆういせいとうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一党優位政党制
いっとうゆういせいとうせい

複数の政党が選挙で争っているが,結果として一つの政党が長期にわたって圧倒的な優位を保持している政党制。イタリアの政治学者ジョバンニ・サルトリが分類した政党制の一つ。厳密な意味での競合や政権交代がないため,選挙・議会・権力レベルで種々の問題が発生する。顕著な例として 1955~93年の日本があげられ,自由民主党中選挙区制のもと,各選挙区で複数候補を擁立し当選させることで,衆議院で過半数の議席を維持した。一方,日本社会党など野党は,各選挙区で候補者を 1人に絞って議席を死守した。その結果,自由民主党の万年与党化を招き,政権交代の緊張感を欠いた(→55年体制)。ほか,1932~76年の 44年間政権をとったスウェーデン社会民主労働党の例がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

一党優位政党制の関連キーワード自由民主党(日本)政党政治

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android