コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一味唐辛子 イチミトウガラシ

3件 の用語解説(一味唐辛子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちみ‐とうがらし〔‐タウがらし〕【一味唐辛子】

唐辛子だけを砕いて細かくした香辛料七味唐辛子に対していう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一味唐辛子
いちみとうがらし

トウガラシ(唐辛子)red pepperの別名。唐辛子の粉末をさし、非常に辛い。唐辛子を主体に7種類の香辛料を混合してつくった七味唐辛子と対比して、一味唐辛子または一味とよばれている。日本では、うどん、そば、焼き鳥もつ焼きなどにふりかける薬味としてよく利用し、朝鮮の漬物キムチにも使う。一味唐辛子には、辛味の強い鷹の爪(たかのつめ)、三鷹(さんたか)、本鷹(ほんたか)、カイエンペパー、八房(やつぶさ)などの品種が多く使われる。[齋藤 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一味唐辛子の関連情報